旅にけんかはつきもの

今まで行った旅行先の詳細やトラブルを赤裸々に語っていくよ

人種差別?を経験した話 アルバニア(2)


さてさて、空港からワゴン車に乗って市街地に向かいました。

そのワゴン車もふつーの車なのでめちゃくちゃ分かりにくいです。

f:id:tabigennka:20210523034012j:image

これがその時のチケット。手書きという中々ないスタイル。

ちなみに私はチケットのスクラップが好きで大量に保存してあります。

 

市街地までおよそ20分くらい、200円ほどで行けるので格安でした。

 

市内観光は友達にお任せだったので、友達が行きたいというレストラン?に。

 

お肉が美味しいというお店。

f:id:tabigennka:20210523034402j:image

アルバニアはレクという通貨で表示は日本と同じです。

ちなみにこの料理はミートボールが30円と激安。

 

f:id:tabigennka:20210523034544j:image

頼んだ料理はこんな感じ。

そんな感じで料理を食べてたら、友達が言いました。

「ねえ、隣のお客さん、うちらみたいにテーブルの下に白いクロス引いてもらってないし、店員さんも手袋してないよ」と。

 

そういえば、店員は私たちに料理を運ぶ時だけ手袋をしていました

 

なんなんだろうね、と話しているとちょうどテレビで中国にコロナウイルスが蔓延しているニュースが流れていました。

f:id:tabigennka:20210523034905j:image

あ、この人私達のこと中国人だと思っているんだと気付きました。

その後料理を終えると店員はテーブルクロスごと皿を包んでどこかに持っていきました、、。

 

そして他にも道を歩いていると宇宙人みたいにめちゃくちゃジロジロ見られました。

鎖国していたのでアジア人が珍しいんでしょう。

通りすがりの人にチャイナと言われたこともありました。

 

マザーテレサの国なんじゃねーのかよとキレそうになりましたがなんとか抑えて。

 

f:id:tabigennka:20210523035426j:image

首都のティラナのモニュメント。

観光する場所といえばここくらいしかありません。

 

暇なのでカフェにも行きました。

f:id:tabigennka:20210523035645j:image

カプチーノが200円と激安なのですが、現地の人からすれば高め。

なので、客層もお金持ちそうな人が多かったです。

 

その後観光するところがなさすぎるので、ケーキを買いました。

f:id:tabigennka:20210523035837j:image

このケーキも200円くらい。なんか昭和のケーキを思い出させるような味でした。

f:id:tabigennka:20210523035930j:image

f:id:tabigennka:20210523035933j:image

 

そんなこんなで空港で時間を潰して、次の国へ。

 

PS、私は2度と行きたくないと憤っていましたが友達はもう一度行ってみたいなーと言っていました、、。

 

日本人の90%が行かない国 アルバニア(1)

  さてさて、その後はドゥブロヴニクから、飛行機でアルバニアに向かいます。

f:id:tabigennka:20210306221931p:plain

ちなみにドゥブロブニク空港のトイレがめちゃくちゃお洒落だったので写真を撮りました。

トイレの写真を撮るのはこれが最初で最後だと思います笑

 

ちなみにですが、、、アルバニアって聞いたことありますか?

ほとんどの方は聞いたこともないと思います。

 

アルバニアは東ヨーロッパの中で最貧国の国です。しかもその理由が国がねずみ講で破産して借金を抱えてしまう。それゆえか最近まで鎖国をしていて、外国人を一切受け入れていませんでした。

 

ちなみにアルバニアに行こうと言いだしたのは友人です。個人的にはメジャーな国に行きたかったのですが、ついていくことにしました。

 

ちなみにちなみにマザーテレサが生まれた国がアルバニアだそう。

 

まず飛行機に乗ったのですが、乗った飛行機が超小型でびっくりしました。さらにアジア人は私たちだけ。

何だか居心地悪かったです、、、。

f:id:tabigennka:20210306230134p:plain

着陸時に撮ったアルバニアの写真。少しさみしそうです。

 

まず着いて一番びっくりしたのは空港が真っ暗でびっくりしました。

営業してないの?ってくらい真っ暗でした。

f:id:tabigennka:20210306232522p:plain

外の光で何とかもっている感じです。夜はどうするんでしょうか、、?

 

ちなみにアルバニア観光は日帰りだったので、観光時間は約4時間ほどでした。

 

空港も閑散としていて不思議な感じでした。

 

ちなみにこの日は雨で天気はめちゃくちゃ悪かったです。

f:id:tabigennka:20210307001016p:plain

空港から市街地までバスから撮った写真。

全体的に建物がボロボロです。(内戦の名残でしょうか?)

 

f:id:tabigennka:20210307001207p:plain

こんな感じで高い建物が何にもなく道もあまり整備されていません。

 

ちなみにここ首都のティラナです。

首都でこのレベルってことは地方は一体どうなっているんだろう、、と思いました。

 

そして、この後衝撃の体験をすることになるのですが、詳しいことはまた次回お話しします!

 

お楽しみに〜

お城の中を散策したよ クロアチア(7)

さてさてドゥブロヴニクの続きです。

このブログの写真を見て少しでも旅行気分を味わってもらえたらな、と思います。

f:id:tabigennka:20210120001028p:plain

 

ドゥブロヴニクは街自体がお城になっています。

お城に囲まれた内部が住宅やお店になっている形です。

 

お城の散策には100クーナ(1600円)と結構お高めです。

 

チケットを買ったあと、お城を散策します。

かなり階段がたくさんあるので結構体力が必要でした💦

 

入れる門が3箇所あるので、途中で降りることもできます。

 

私の場合、友達が1週したいというので1週することに、、、。

f:id:tabigennka:20210120001315p:plain

 

こんな感じで細い道が延々と続きます。

この日は2月なのに暖かくて汗だくになりました。

 

f:id:tabigennka:20210120001447p:plain

どこを撮ってもインスタ映えになるので飽きません。

 

f:id:tabigennka:20210120001531p:plain

海側から逆の山方面です。

ここにはスルジ山に行けるロープウェイがあるのですが、オフシーズンで運営していませんでした。

 

f:id:tabigennka:20210120001703p:plain

砲台が置いてあります。

というのも昔、戦争で海側から船で攻められることが多かったため街全体を城壁で囲んだそうです。

 

f:id:tabigennka:20210120001903p:plain

こうした小さな小窓がたくさんありました。

 

ここから銃を出して、敵を攻めるための小窓です。

 

f:id:tabigennka:20210120002102p:plain

一番頂上から撮りました。

こうして見ると本当に魔女の宅急便の舞台にいるみたいです。

 

f:id:tabigennka:20210120002220p:plain

頂上でパシャり。

友達がゴープロで撮ってくれました!

 

うーむ、こうして見るとゴープロを買うか悩みますね、、。

 

f:id:tabigennka:20210120002351p:plain

散策途中で見るけたお家。なぜか窓枠にバナナと飲み物が。

 

この散策にはおよそ2時間ほど時間がかかりました。

すごく疲れましたが、素晴らしい景色がたくさん観れたのでとってもよかったです。

 

 

 

 

さてさて次回は、クロアチアから別の国に移動をします。

場所は次回のお楽しみです〜(^^)

 

 

オフシーズンの観光 クロアチア(6)

お久しぶりです。忙しすぎて久しぶりの更新となってしまいました💦

 

さて前回の続き、やっとドゥブロブニクに到着をしたのですが、友達がバスで来るのは1時間後。

 

時間があるのでホテルに荷物あずけよ〜と思い、ホテルを探したのですが看板もなく、かつ細い路地がたくさんあるので見つけるのにすごく時間がかかりました。

f:id:tabigennka:20201122152414p:plain

ホテルの入り口。普通の家かと思いました。

 

シーズンオフなのでホテル代は6000円と意外と安かったです。

(シーズンだと2万円くらいになるそうです、、、。)

f:id:tabigennka:20201122152658p:plain

ホテルに入ってみると受付の人はいなくてこんな置手紙が。

f:id:tabigennka:20201122152834p:plain

すぐにもどってくるから待っててという内容ですね。

ふーんと思ってソファで待ったのですが、受付の人一向にもどってきません。

 

気がつけば30分待つことに。

さすが外国クオリティだなと思いました。

 

仕方がないので外に出て散策をしました。

f:id:tabigennka:20201122153117p:plain

街が全部お城なのでどれも大理石でできています。

f:id:tabigennka:20201122153725p:plain

床もツルツル。

 

その後バス停で友達を待って、無事に合流することができました!

その時すでに時刻が17時でまっくらです。

 

前もって調べたお店に行ったのですが、なんと、、、、!

オフシーズンでお店やってませんでした、、、。

 

その後もお店を探し回ったのですが、冬のオフシーズンが観光客がこないのでお店自体を閉めてしまうところがほとんどでとても苦労しました。

f:id:tabigennka:20201122162754p:plain

ようやくお店を見つけて一息ついた写真。

 

ちなみに観光地なのでカジュアルなレストランはなく、みんな高め。

f:id:tabigennka:20201122162939p:plain

このナスのグラタンが1500円。

これだったらサイゼリヤにもあるな〜と思いながら一番安いグラタンを注文しました笑

 

ご飯の後は夜の街を散策。

ドゥブロブニクは観光地ようの街なので、お店の従業員は閉店時刻になるとバスに乗って自分の家に帰ってしまいます。

なのでほとんど人がいなく、シーンとしていました。

こんなに平和な観光地は初めてでびっくりしました。

f:id:tabigennka:20201122163605p:plain

f:id:tabigennka:20201122163640p:plain

トンネルの下でパシャり。

 

さて次回はドヴロヴィニクの城壁に登って散策をしました。とても最高だったので写真をたくさん載せる予定です!

 

お楽しみに〜

海辺の街ドゥブロヴニク クロアチア(5)

さて、この後14時発の飛行機に乗るのですが、時間に余裕があるのでザグレブを少しぶらぶらしました。

f:id:tabigennka:20200914214436p:plain

おしゃれな公園が。

f:id:tabigennka:20200914214609p:plain

これが普通の景色ってすごいですね。

f:id:tabigennka:20200914214648p:plain

2月なのにとても暖かくて、良い気温でした。

 

f:id:tabigennka:20200914214856p:plain

コーヒーが200円。とてもおいしかったです。

 

この後、前日深夜に着いたバスターミナルに戻って、空港行きのバスに乗りました。

空港行きのバスは600円ととても安かったので、ザグレブは私のお財布に優しい旅となりました。人も親切な人が多かったので旅行にはとてもおすすめです!

 

ドゥヴロヴニクは夏が観光シーズンで書き入れどきなので、飛行機がたくさん発着しますが、私が行った2月はオフシーズンど真ん中なので、1日1便しか飛びませんでした。

f:id:tabigennka:20200914215344p:plain

飛行機内もガラガラ。

しかも国内なので、ザグレブからドゥヴロヴニクまで50分という近さ!

 

f:id:tabigennka:20200914215458p:plain

ドゥヴロヴニクは海沿いの街なので、飛行機が海面ギリギリを飛ぶのが少し怖かったです。

 

さて、ドゥヴロヴニクといえば、絶景100景にも選ばれた場所。

海沿いの赤い屋根の街が有名です。

 

そこに行くのが夢だったので、ワクワクです。

 

飛行機が着いたあと、ガラガラの空港からシャトルバスが出ます。(みんな乗るまで待ってくれます。)

そのシャトルバスの運転が荒くて本当ヒヤヒヤしました。

 

f:id:tabigennka:20200914220008p:plain

バスを降りて最初に見えたのがこの景色。

お城みたいですよね?実際に城壁になっているんです。

 

ちなみに、モンテネグロからバスで来る友達とはここで待ち合わせしています。(今思えば本当クレイジー

ですが、時間があるので中を観光することに。

 

意外とアジア人観光客がたくさんいて、外国感はありませんでした。

 

f:id:tabigennka:20200914220507p:plain

ちょうど夕方に着いたのでとてもきれいでした。

f:id:tabigennka:20200914220610p:plain

城壁の入り口にいた猫。

f:id:tabigennka:20200914220734p:plain

入り口のピレ門。

門をくぐると、大きな通りになっていて、お店やホテルなどがたくさんあります。

f:id:tabigennka:20200914220851p:plain

床も大理石になっていてとてもおしゃんてぃ。

 

 

 

もっと写真を載せたいのですが、話が長くなってしまったので続きはまた次回!

お楽しみに〜

拷問博物館へ! クロアチア(4)

失恋博物館を訪れた後、その足でそのまま「拷問博物館」を訪れました。

 

拷問博物館の場所はここ。

 

失恋博物館から徒歩5分くらいのところ。

旅行者には優しい近さです。

 

この博物館はGoogle mapを見てたまたま見つけた場所。

f:id:tabigennka:20200904232428p:plain

ビルの前に小さい看板がポツンとあるだけなので、気づきにくいです。

 

f:id:tabigennka:20200904232544p:plain

しかもここはビルの3階が博物館になっているので、入るのになかなか勇気がいりました。

 

まあでも旅の恥はかきすてです。(もう二度と会うこともないし、、、)

 

f:id:tabigennka:20200904232718p:plain

階段を上がると、壁一面がこの絵だらけ。

f:id:tabigennka:20200904232841p:plain

ちなみにこの手前のドアが入り口。 入りにくい〜。

 

実際入ったら暗闇の中、女の人が佇んでいて怖かったです。(受付の人でした。)

 

料金は600円。説明書付きのアイパッドをもらって、拷問器具を見ます。(英語のみの対応でした。)

f:id:tabigennka:20200904233400p:plain

f:id:tabigennka:20200904233132p:plain

ブタのお面をかぶさせて、晒し者にするための器具。

f:id:tabigennka:20200904234104p:plain

貞操

f:id:tabigennka:20200904233254p:plain

これは実際に動いていたので怖かったです。

f:id:tabigennka:20200904233438p:plain

有名な鉄の処女。でも実際に使われたことはほとんどないそうです。

f:id:tabigennka:20200904233558p:plain

拷問っぽいですね〜。

ちなみにこの時客が私だけだったので超怖かったです。

しかもスピーカーから女の人の叫び声がするので、お化け屋敷にいるような気分でした。

 

後で写真を撮った写真を見返すと、撮った覚えのないぶれた写真がフォルダーに入っていて戦慄しました。

怖くて未だに消せていないのでここに載せます笑

 

f:id:tabigennka:20200904234337p:plain

f:id:tabigennka:20200904234438p:plain

ちなみに私霊感は一切ありません。

 

本当に不思議な体験でした。でもとっても面白かったです。

 

 

さて、次回は同じクロアチアの中の海辺の町へ行きます!

お楽しみに〜

失恋博物館へ💔 クロアチア(3)

クロアチアの首都、ザグレブは小さくてコンパクトなのでどこでも基本的に徒歩で移動できます。

旅行者にとっては非常に便利ですね!

 

実はザグレブ現代アートを扱っている博物館があります。

 

美術館大好きなので、お昼ゴハン抜きで2つの博物館へ行きました。

まずは有名な「失恋博物館」へ。

 

失恋博物館は前回載せた記事の教会の近くにあります。

f:id:tabigennka:20200823201510p:plain

細い階段を抜けた先にあります。

見た目が普通の家なので、気付かずに通り過ぎてしまいました。

f:id:tabigennka:20200823201621p:plain

こんなポスターがあります。

この博物館は中にカフェも併設されています。

 

入場料は700円。日本よりは安めです。

f:id:tabigennka:20200823201810p:plain

写真撮影は自由なので撮りまくりです。

 

なんと10ヶ国語対応なので、受付に言うと日本語対応のガイドブックがもらえます。

f:id:tabigennka:20200823202013p:plain

このチケットがまたおしゃれで最高に良いですね!

 

f:id:tabigennka:20200823204631p:plain

鏡があったのでパシャリ。この旅行で初めての自撮りです。

(うしろにあるのはゴジラです。)


f:id:tabigennka:20200823202111p:plain

自分の初恋の人のかさぶたをとっておいた人や、

f:id:tabigennka:20200823202213p:plain

戦時中に恋人に当てた手紙。

 

失恋と言っても恋愛だけでなく、友人や家族の別れを残しているものもあります。

f:id:tabigennka:20200823202409p:plain

これは友人を交通事故で亡くした友達が彼の部屋のドアに書いたメッセージ。

 

中には日本の方が残したものもありました。

f:id:tabigennka:20200823202717p:plain

同じ日本人なのでその情景がありありと浮かびます。

この時1人旅だったので、ふいに自分の家族のことを思い出して、少しホームシックになりました。

 

f:id:tabigennka:20200823203017p:plain

亡くなった恋人との思い出のウェディングドレスを寄贈した人も。

 

 

ここはたくさんの思い出の品がありました。全てが色々な人の寄贈によってできた博物館です。

少し感傷的になってしまいましたが、色々な人の人生に触れることができてとても良かったです。

 

興味がある人はぜひ訪れてみてください〜

 

 

次回はもう一つの博物館について書く予定です。

お楽しみに〜