旅にけんかはつきもの

今まで行った旅行先の詳細やトラブルを赤裸々に語っていくよ

オフシーズンの観光 クロアチア(6)

お久しぶりです。忙しすぎて久しぶりの更新となってしまいました💦

 

さて前回の続き、やっとドゥブロブニクに到着をしたのですが、友達がバスで来るのは1時間後。

 

時間があるのでホテルに荷物あずけよ〜と思い、ホテルを探したのですが看板もなく、かつ細い路地がたくさんあるので見つけるのにすごく時間がかかりました。

f:id:tabigennka:20201122152414p:plain

ホテルの入り口。普通の家かと思いました。

 

シーズンオフなのでホテル代は6000円と意外と安かったです。

(シーズンだと2万円くらいになるそうです、、、。)

f:id:tabigennka:20201122152658p:plain

ホテルに入ってみると受付の人はいなくてこんな置手紙が。

f:id:tabigennka:20201122152834p:plain

すぐにもどってくるから待っててという内容ですね。

ふーんと思ってソファで待ったのですが、受付の人一向にもどってきません。

 

気がつけば30分待つことに。

さすが外国クオリティだなと思いました。

 

仕方がないので外に出て散策をしました。

f:id:tabigennka:20201122153117p:plain

街が全部お城なのでどれも大理石でできています。

f:id:tabigennka:20201122153725p:plain

床もツルツル。

 

その後バス停で友達を待って、無事に合流することができました!

その時すでに時刻が17時でまっくらです。

 

前もって調べたお店に行ったのですが、なんと、、、、!

オフシーズンでお店やってませんでした、、、。

 

その後もお店を探し回ったのですが、冬のオフシーズンが観光客がこないのでお店自体を閉めてしまうところがほとんどでとても苦労しました。

f:id:tabigennka:20201122162754p:plain

ようやくお店を見つけて一息ついた写真。

 

ちなみに観光地なのでカジュアルなレストランはなく、みんな高め。

f:id:tabigennka:20201122162939p:plain

このナスのグラタンが1500円。

これだったらサイゼリヤにもあるな〜と思いながら一番安いグラタンを注文しました笑

 

ご飯の後は夜の街を散策。

ドゥブロブニクは観光地ようの街なので、お店の従業員は閉店時刻になるとバスに乗って自分の家に帰ってしまいます。

なのでほとんど人がいなく、シーンとしていました。

こんなに平和な観光地は初めてでびっくりしました。

f:id:tabigennka:20201122163605p:plain

f:id:tabigennka:20201122163640p:plain

トンネルの下でパシャり。

 

さて次回はドヴロヴィニクの城壁に登って散策をしました。とても最高だったので写真をたくさん載せる予定です!

 

お楽しみに〜

海辺の街ドゥブロヴニク クロアチア(5)

さて、この後14時発の飛行機に乗るのですが、時間に余裕があるのでザグレブを少しぶらぶらしました。

f:id:tabigennka:20200914214436p:plain

おしゃれな公園が。

f:id:tabigennka:20200914214609p:plain

これが普通の景色ってすごいですね。

f:id:tabigennka:20200914214648p:plain

2月なのにとても暖かくて、良い気温でした。

 

f:id:tabigennka:20200914214856p:plain

コーヒーが200円。とてもおいしかったです。

 

この後、前日深夜に着いたバスターミナルに戻って、空港行きのバスに乗りました。

空港行きのバスは600円ととても安かったので、ザグレブは私のお財布に優しい旅となりました。人も親切な人が多かったので旅行にはとてもおすすめです!

 

ドゥヴロヴニクは夏が観光シーズンで書き入れどきなので、飛行機がたくさん発着しますが、私が行った2月はオフシーズンど真ん中なので、1日1便しか飛びませんでした。

f:id:tabigennka:20200914215344p:plain

飛行機内もガラガラ。

しかも国内なので、ザグレブからドゥヴロヴニクまで50分という近さ!

 

f:id:tabigennka:20200914215458p:plain

ドゥヴロヴニクは海沿いの街なので、飛行機が海面ギリギリを飛ぶのが少し怖かったです。

 

さて、ドゥヴロヴニクといえば、絶景100景にも選ばれた場所。

海沿いの赤い屋根の街が有名です。

 

そこに行くのが夢だったので、ワクワクです。

 

飛行機が着いたあと、ガラガラの空港からシャトルバスが出ます。(みんな乗るまで待ってくれます。)

そのシャトルバスの運転が荒くて本当ヒヤヒヤしました。

 

f:id:tabigennka:20200914220008p:plain

バスを降りて最初に見えたのがこの景色。

お城みたいですよね?実際に城壁になっているんです。

 

ちなみに、モンテネグロからバスで来る友達とはここで待ち合わせしています。(今思えば本当クレイジー

ですが、時間があるので中を観光することに。

 

意外とアジア人観光客がたくさんいて、外国感はありませんでした。

 

f:id:tabigennka:20200914220507p:plain

ちょうど夕方に着いたのでとてもきれいでした。

f:id:tabigennka:20200914220610p:plain

城壁の入り口にいた猫。

f:id:tabigennka:20200914220734p:plain

入り口のピレ門。

門をくぐると、大きな通りになっていて、お店やホテルなどがたくさんあります。

f:id:tabigennka:20200914220851p:plain

床も大理石になっていてとてもおしゃんてぃ。

 

 

 

もっと写真を載せたいのですが、話が長くなってしまったので続きはまた次回!

お楽しみに〜

拷問博物館へ! クロアチア(4)

失恋博物館を訪れた後、その足でそのまま「拷問博物館」を訪れました。

 

拷問博物館の場所はここ。

 

失恋博物館から徒歩5分くらいのところ。

旅行者には優しい近さです。

 

この博物館はGoogle mapを見てたまたま見つけた場所。

f:id:tabigennka:20200904232428p:plain

ビルの前に小さい看板がポツンとあるだけなので、気づきにくいです。

 

f:id:tabigennka:20200904232544p:plain

しかもここはビルの3階が博物館になっているので、入るのになかなか勇気がいりました。

 

まあでも旅の恥はかきすてです。(もう二度と会うこともないし、、、)

 

f:id:tabigennka:20200904232718p:plain

階段を上がると、壁一面がこの絵だらけ。

f:id:tabigennka:20200904232841p:plain

ちなみにこの手前のドアが入り口。 入りにくい〜。

 

実際入ったら暗闇の中、女の人が佇んでいて怖かったです。(受付の人でした。)

 

料金は600円。説明書付きのアイパッドをもらって、拷問器具を見ます。(英語のみの対応でした。)

f:id:tabigennka:20200904233400p:plain

f:id:tabigennka:20200904233132p:plain

ブタのお面をかぶさせて、晒し者にするための器具。

f:id:tabigennka:20200904234104p:plain

貞操

f:id:tabigennka:20200904233254p:plain

これは実際に動いていたので怖かったです。

f:id:tabigennka:20200904233438p:plain

有名な鉄の処女。でも実際に使われたことはほとんどないそうです。

f:id:tabigennka:20200904233558p:plain

拷問っぽいですね〜。

ちなみにこの時客が私だけだったので超怖かったです。

しかもスピーカーから女の人の叫び声がするので、お化け屋敷にいるような気分でした。

 

後で写真を撮った写真を見返すと、撮った覚えのないぶれた写真がフォルダーに入っていて戦慄しました。

怖くて未だに消せていないのでここに載せます笑

 

f:id:tabigennka:20200904234337p:plain

f:id:tabigennka:20200904234438p:plain

ちなみに私霊感は一切ありません。

 

本当に不思議な体験でした。でもとっても面白かったです。

 

 

さて、次回は同じクロアチアの中の海辺の町へ行きます!

お楽しみに〜

失恋博物館へ💔 クロアチア(3)

クロアチアの首都、ザグレブは小さくてコンパクトなのでどこでも基本的に徒歩で移動できます。

旅行者にとっては非常に便利ですね!

 

実はザグレブ現代アートを扱っている博物館があります。

 

美術館大好きなので、お昼ゴハン抜きで2つの博物館へ行きました。

まずは有名な「失恋博物館」へ。

 

失恋博物館は前回載せた記事の教会の近くにあります。

f:id:tabigennka:20200823201510p:plain

細い階段を抜けた先にあります。

見た目が普通の家なので、気付かずに通り過ぎてしまいました。

f:id:tabigennka:20200823201621p:plain

こんなポスターがあります。

この博物館は中にカフェも併設されています。

 

入場料は700円。日本よりは安めです。

f:id:tabigennka:20200823201810p:plain

写真撮影は自由なので撮りまくりです。

 

なんと10ヶ国語対応なので、受付に言うと日本語対応のガイドブックがもらえます。

f:id:tabigennka:20200823202013p:plain

このチケットがまたおしゃれで最高に良いですね!

 

f:id:tabigennka:20200823204631p:plain

鏡があったのでパシャリ。この旅行で初めての自撮りです。

(うしろにあるのはゴジラです。)


f:id:tabigennka:20200823202111p:plain

自分の初恋の人のかさぶたをとっておいた人や、

f:id:tabigennka:20200823202213p:plain

戦時中に恋人に当てた手紙。

 

失恋と言っても恋愛だけでなく、友人や家族の別れを残しているものもあります。

f:id:tabigennka:20200823202409p:plain

これは友人を交通事故で亡くした友達が彼の部屋のドアに書いたメッセージ。

 

中には日本の方が残したものもありました。

f:id:tabigennka:20200823202717p:plain

同じ日本人なのでその情景がありありと浮かびます。

この時1人旅だったので、ふいに自分の家族のことを思い出して、少しホームシックになりました。

 

f:id:tabigennka:20200823203017p:plain

亡くなった恋人との思い出のウェディングドレスを寄贈した人も。

 

 

ここはたくさんの思い出の品がありました。全てが色々な人の寄贈によってできた博物館です。

少し感傷的になってしまいましたが、色々な人の人生に触れることができてとても良かったです。

 

興味がある人はぜひ訪れてみてください〜

 

 

次回はもう一つの博物館について書く予定です。

お楽しみに〜

 

 

インスタ映えまちがいなし! クロアチア(2)

クロアチアの首都ザグレブに到着したので、飛行機までの出発時間まで散策することに。

 

ちなみに14時発の飛行機で同じクロアチアのドブロヴニクまで向かいます。

ザフレブで行きたいところがたくさんあるので、短時間ですが予定をたくさん詰め込みました。

 

まずは、トラムに乗るためにバス停の売店でチケットを買います。

f:id:tabigennka:20200812150840p:plain

30分間乗り放題チケット。4クーナ(66円)。物価ちょー安いです。

ちなみにトラムはバス内にある機械にチケットを差し込んで、印字をするのですが、確認する人もいないので無賃乗車多めです。

 

f:id:tabigennka:20200812151353p:plain

トラムの中。ボロボロなのでかなりゆれます。

ちなみにこのトラムはスリが多いという情報があったのですが、私が乗った時は全然大丈夫でした。

 

トラムにゆられて15分で着いたのは、ここ『イェラチッチ広場』。

f:id:tabigennka:20200812151642p:plain

ザグレブといえばここですね!

 

f:id:tabigennka:20200812151816p:plain

こんな感じのかわいい石畳とお土産やさんが並んでいます。

ここからザグレブで有名なマーク教会へ向かいます。

 

f:id:tabigennka:20200812152009p:plain

教会は山の上なので、写真奥にあるトラムで向かうこともできます。

私はジリ貧なので徒歩で坂道を登り、向かうことに。

 

f:id:tabigennka:20200812152209p:plain

坂道を歩いていたら見つけたトンネル。

f:id:tabigennka:20200812152310p:plain

車ですら、おしゃれです。

f:id:tabigennka:20200812152407p:plain

そして辿りついたのが、この教会!早朝だったので人もまばらでした。

このタイル模様がとてもかわいいですね!

 

f:id:tabigennka:20200812152539p:plain

ちなみに売店で買った水が固すぎて開けられず、近くにいたおじさんに頼んで開けてもらいました笑

 

f:id:tabigennka:20200812152716p:plain

ブラブラ歩いていたらこんなものが。

f:id:tabigennka:20200812152808p:plain

女子にはたまりません。

 

f:id:tabigennka:20200812153147p:plain

壁の壁画。

 

こんな感じで町探検を楽しみました。

かわいいものがたくさんあふれているのでとてもワクワクしました!

 

次回は私が行きたかった博物館について載せる予定です。

お楽しみに〜

深夜のザグレブへ到着 クロアチア(1)

 ハンガリーブダペストからやっとのことバスに乗り、走ること5時間、疲れているはずなのに目がギンギンに冴えて全然眠れず、バスではずっとユーチューブを見てました。

 

本来ならば、21時半にザグレブに到着するはずが、前回の記事の通り、バスの大幅な遅延で到着は22時を過ぎることとなりました。

 

この時女一人旅、しかも到着は深夜22時です。

無事にホテルまでたどり着けるのか怖くて戦々恐々としていました。

 

f:id:tabigennka:20200803221941p:plain

 mapを見ながら現在地を探していたのですが、面白い地名があったので載せます。

ちなみにここはハンガリークロアチアの国境付近。

 

国境に差し掛かると、入国審査があるのですが、係員がバスに乗り込んでパスポートを回収して、またバス内でパスポートを返却するという形でした。

 

結構係員によって差があるみたいで、バスを降ろされて審査される場合もあるそうです。

 

ちなみに私のところはさんざん待たせたくせに、審査は超雑で、眠そうにパスポートを返されました笑

その証拠にこれ。

f:id:tabigennka:20200803222352p:plain

 

入国スタンプが2回重複されて押されていて、それをペンで消す雑さ。

 

バスで入国するとスタンプが車マークになっているのが可愛いですね!

 

そして5時間を経て、ようやくザグレブにたどり着きました。

広いバスターミナルなのですが、時間的に男の人がかなり多かったです。

 

怖いので、近くのパン屋でパンを買って、速攻ホテルに向かいました。

 

ホテルはバスターミナルから徒歩10分くらいのところを予約しましたが、なにせ夜なので人気がまったくなく、超怖かったです。

f:id:tabigennka:20200803223353p:plain

震えながら撮った写真。ぶれてます。

 

無事にホテルについて受付をしたのですが、もらった鍵がまさかの昔の鍵のタイプでびっくりしました。

 

今時、カードキーが当たり前の時代に鍵なんてあるんだ!と思いました。

 

言われた部屋に向かって、鍵を差し込むと回しても全然鍵があきません。

 

もうフロントには戻りたくないので、開け−!と粘っていると、たまたま隣の部屋のお兄さん(イケメン)が来たので、「開かないんです!助けてください!」とお願いしました。

 

すると、お兄さんは「もちろん」と言って速攻鍵を回して開けてくれました。

なんと、ヨーロッパのホテルの鍵は1回転しないと開かないそうです。(私だけ?)

 

f:id:tabigennka:20200803224715p:plain

例の開けにくい鍵。

 

疲れていた時に優しくされたのでもう惚れそうでした。

「ありがとう!!!」と感謝の言葉をいうと、お兄さんは「Have a good night!」とまたまた超優しいことを言ってくれました。

 

もうこの旅はこの思い出だけで十分だと思えたくらいでした。

 

さて、次回はザグレブを観光した思い出を載せる予定です。

 

お楽しみに〜

 

まさかのバストラブル! ハンガリー(4)

美術館を出た後はお土産を買って、すぐホテルに戻って、荷物を受け取った後、電車に乗ってバス停に向かいます。

 

なぜバス停なのかというと、今回は旅行費用の削減のため夜行バスに乗って出国しました。

初めての夜行バスでの出国なので、ドキドキです。

 

ちなみにバス会社は「Flix bus」という名前のバスでヨーロッパでは幅広く展開しています。

値段も2,000円前後で移動できるので、超お得です。

 

予約はインターネットからできるので、私は日本にいる時から予約をしておきました。

 

f:id:tabigennka:20200726014659p:plain

 

これがFlix busの予約書になります。紙がなくてもスマホにあるURLを見せれば予約書の代わりになります。

ブダペストのネプリーゲトバス停を15:45分に出て、5時間走った後に隣の国のクロアチア、首都のザグレブに到着します。

 

ザグレブに到着するのが21時なので、夜遅いこともあり心配でしたが他にバスがなくこの時間に行くことに。

 

あと2駅で目的の駅に着く途中、いきなり電車が止まりました。

みんな駅を降ります。

え、、どういうこと?

 

わけがわからないまま降りると、なんと目的の駅までの2駅は改修工事のため、電車が走っていないということが看板に書いてあることに気づきました。

 

完全な調査ミスですね。

ひえ〜もうパニックです。

 

余裕こいてゆっくり向かったので、時間もありません。

大慌てで駅を出て、近くにいた駅員さんを捕まえて、ここに行きたいと必死に説明をすると、「出た所すぐのバスに乗れ」と曖昧な指示をされ、とりあえず目の前にあったバスに乗ることに。

 

不幸中の幸いというか、バスはなんとか目的のバス停に着くことができました。(ある意味強運。。。?)

必死すぎたのでここら辺の記憶はあまりありません。

 

バス発車時刻まで2分もないので、猛ダッシュでバス乗り場に向かうとバスはまだ来ていませんでした。

セーフ!とバスを待つことに、、、。

f:id:tabigennka:20200726020354p:plain

バス停は小刻みに時刻表が表示されていて、わかりやすくなっています。

売店などもあってとても広かったです。

 

待ち続けること10分、、、。

あれ、バスこないな、、、。

 

他の乗客もいますが、一向にバスが来ません。

そして30分が過ぎました。

 

え、バス来るの??

時刻表がすでに次のバスの時刻になっています。

f:id:tabigennka:20200726020738p:plain

バスを待ち続けました。

 

しびれを切らしたので、近くにいたおそらく同じバスに乗るであろう女の子に話しかけました。(旅の恥はかき捨てです。英語が通じないとか言ってられません。)

 

すると彼女はスマホで調べてくれて、なんとバスが1時間遅れてくるということがわかりました。

聞いて良かった〜と思いました。

 

そしてようやくバスが来てなんとか乗れることに。

ちなみにバスの運転手はなぜか乗客に「早く乗れ!」とキレていました。

 

いや、あんたが遅れてきたんじゃん、、、。

と思いましたが、素直に乗ることに。

 

さあ、そして5時間かけてザグレブへ向かいます。

 

続きはまた次回載せます!

お楽しみに〜